ほうれい線はなぜ現れる!?

 

加齢と共に必ず現れるモノ<ほうれい線>。

 

多少の早い遅いはあるけれど、人間である以上必ず出会わなければならない憎き相手です。
「できることなら出会いたくなった。」
それでもいつの間にか顔に現われているのが<ほうれい線>です。

 

            

 

ほうれい線があるとないとでは、見た目年齢が軽く10歳は違ってきます。
おばあちゃんのイラストを書くとき、ほうれい線を足すだけでおばあちゃんの顔が出来上がりますよね。

 

そう、ほうれい線は老いの象徴的シンボルなんです。

 

 

「年を重ねた証拠よ。」
「人生経験を積んだ証よ。」
「もう若くないから。」
と言ってしまえばそれまでですが、やはり女性ならだれでも老けて見られるのは嫌なはずです。
実年齢よりも10歳若く見られたら嬉しいですよね!?

 

このサイトでは、老けて見られる老いのシンボル<ほうれい線>を消す方法をいろんな角度からまとめました。
ほうれい線が気になっている人、ほうれい線はあるけどもう飽きらめていた人、まだほうれい線はないけどほうれい線の出現を遅らせたい人など。
いつまで綺麗でいたいと願う女性のお役に立てればと思います。

是非参考にしてみてください。

 

退職してしまった

 

 

 

ほうれい線を消す方法をいろいろと探る前に、ほうれい線が現われる原因を明らかにしましょう。
ほうれい線はなぜ現われるのか!?いつから現われるのか!?
ほうれい線対策をする前に原因を知っておいたほうがいいですよね。

 

そもそもほうれい線とは、「鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線であり、しわでは無く、頬の境界線」なんです。
つまり、人は生まれながらにみんなほうれい線があるんです。
もちろん赤ちゃんにもあるモノなんです。

 

肌にハリと潤いがあるうちは目立たないのですが、加齢などの理由で肌の潤いが失われてハリがなくなってくるにつれて目立つようになってくるんです。
一般的に、30代後半からほうれい線が目立ち始める人が多いようですね。
生活環境や食生活などによっては20代前半でもほうれい線が目立つ人もいます。
ほうれい線が目立つ原因は加齢だけではないということですね。

 

 

ほうれい線が目立つようになる原因に次のような要因があげられます。

 

表情筋の低下

表情筋とは、目や鼻、口などのパーツを動かすための筋肉で、顔には30種類以上の表情筋があるそうです。
表情筋という名称の通り、それらの筋肉が人の表情を作り出しているんですが、普段の生活では数ある表情筋の約30%しか使っていないと言われています。
当然、使わない筋力は衰えていきますよね。
筋力が衰えると、全体的に顔が下にさがったり、ハリがなくなったようなしぼんだ肌になります。
仕事でも休みの日でも日常的によく話をすると言われている明石屋さんまさんですが、さんまさんの口回りにはほとんどシワがないことは有名ですよね。
それは、話をすることで口回りの表情筋を鍛えているからなんですね。
元気なお年寄りに若さの秘訣を聞くと、「よく笑うからだ。」という答えが返ってくることがよくありますが、まさにその通りなんですよ。
感情豊かかに笑ったり、泣いたりすることは表情筋を鍛えることにつながり肌の老化予防になっているんです。
普段使っていない表情筋を鍛えるエクササイズも後ほど紹介しますね!

リッツカールトン 転職

 

肌の老化

当然肌そのものの老化もほうれい線を目立たせる原因となっています。
特に肌の弾力が失われることはほうれい線を目立たせる重要な要因です。
お肌の奥深くには、真皮という層があり、その真皮こそがお肌の弾力を左右する大切なところなんです。
その真皮は、コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸などで出来ているんです。

聞いたことがないひとはいないという程よく知られているパーツですよね。
これらの成分は30代以降加齢とともに減少しますが、生活習慣や食生活による影響もとても大きいんですよ。